グレースキタムラ愛のカタチは、グレイスキタムラのヨーロピアンリングで

愛のカタチは、グレイスキタムラのヨーロピアンリングで

結納サイトはこちら

ダイヤモンド4C

人間にそれぞれ個性があるように、ダイヤモンドにも「4つのC」があります。
4Cとは、ダイヤモンドの個性とも言えるカ ラー(色)、カラット(重量)、クラリティ(透明度)、カット(全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)のことで、それぞれの英語の頭文字をとって、 そう呼ばれています。ひとつひとつのダイヤモンドはこの4Cのコンビネーションによる異なる特徴と美しさを備えています。

一般的4Cでグレードが上がると、稀少性が高くなるとされています。

Carat

ダイヤモンドの重量。1.00ctで約0.2gです。一般的にカラット数が大きければ大きいほど稀少であり価値もあります。

Color

ダイヤモンドのカラー(色)です。ダイヤモンドは、黄色みを帯びた石の方が圧倒的にとれるので無色に近いほど稀少性が高くなります。

D E F G H I J K L M N・・・・・・・・・・・・・・・・・・Z
Colorless
無色
Near Colorless
ほぼ無色
Faint Yellow
わずかな黄色み
Very Light Yellow
ライトイエロー

Clarity(透明度)

クラリティのグレードは、内包物の数、大きさ、色、場所などによって決められ、少ないほど希少価値は高く なります。グレードを決めるにあたっては、効果的な照明の下で10倍に拡大して専門家によって検査され、下の チャートのように鑑定されます。

FL 10倍の拡大で無キズ
IF 10倍の拡大で微小な表面の欠点
VVS 1 10倍の拡大で訓練された者でも発見が困難なわずかな欠点
2
VS 1 10倍の拡大で訓練された者でも発見が多少困難な欠点
2
SI 1 10倍の拡大で発見が容易、肉眼では困難な欠点
2
I 1 肉眼で容易に発見できる欠点
2
3

Cut

ダイヤモンドに輝きという永遠の生命を吹き込むのは熟練したカット職人の技。最新の技術と経験に裏付けられた職人技によってバランスよくカットされたダイヤモンドは、光をよく取り込み、きらめきを増幅させ、限りなく価値を高めます。

Excellent Very Good Good Fair

Triple Excellent Cut(トリプルエクセレントカット)

カットの総合評価と研磨状態の対象性と仕上げの全てがエクセレントの物を(鑑定書に3箇所エクセレント表示)トリプルエクセレント「3EX」といって鑑定書に はダイヤモンドスパークの写真が付きます。「完璧な研磨(カット)を施した3EXは入射した光を均質で整然とした輝きとして空間に放射いたします。それを 特殊な条件で投影し撮影したものです。」もちろん、3EXでしたらH/A同様、ハートと矢が見えますので鑑定書にハートとアローの写真も付いてきます